借金理由がギャンブルでも債務整理できるのか?

任意整理なら借金理由は重要ではありません

ギャンブル破綻

任意整理は過払い金の発生の有無によって、実行して意味を成すかなさないかが決まるものですから、借入の目的使途がギャンブル目的の借金であっても関係しません。

また、消費者金融や街金にしても審査の段階で利用目的がギャンブルであることが分ったとしても、それを理由にしてお断りするケースもなかなかないということです。むしろギャンブル資金が必要で申し込みをしてくる顧客が、かなりの割合で占めていることぐらい分っていますし、理由を訪ねても建前上の他の目的使途を理由にされることぐらいも覚悟の上で貸付審査を行っています。

金融業者によってはむしろ借入金をギャンブル資金にされるのを歓迎している腹の内があるというのを聞いたことがあるぐらいです。因みに一番の懸念要因は資金を生活費にされることのようですから、それよりはマシという考え方があるようです。

確かに生活費の場合は、毎月の収入では明らかに食べていけないから借金して賄おうというのは、既に現在の収入では家計がやり繰りできていないで赤字になってしまうのですから、その上に借金をしてしまっては、家計がすでに赤字であるうえに返済分など捻出できようはずがない、とされてしまうのでこちらの方がNGです。

ギャンブルが原因の借金理由だと受理されない法的手続きは自己破産です

適切な債務整理で解決

法的借金問題解決の最後の砦である自己破産ですが、どんな破綻状況でも破産手続による免責が受理されるわけではありません。破産するにも諸々の申請費用も必要になりますし、自分で行ったりするとかなりの時間を要することになりますし、弁護士に代理を依頼してもその費用も必要になってきます。

破産が受理されるには免責決定を得なければなりませんが、ギャンブル資金を借金までして賄ったが結局はそれが原因で破綻したのであれば、免責不許可事由に当て嵌まってしまい原則不許可になってしまう可能性が高くなります。

しかし、これはすべて借金目的がギャンブルであった場合は、破産もできないという結果になりますが、借入れた一部のお金でパチンコや競馬に溶かしてしまったというケースは普通にあると思いますから、軽度の比率であったことを説明または証明できるのであれば、免責不許可にされないこともあるようです。